2019.01.28

その他

代表者プロフィール

始まりは2014年1月23日

僕も今でこそ里山暮らしをしてはいますが、元は普通に都会に暮らしていた普通のサラリーマンでした。

僕が事業をやるきっかけとなったのは親の借金を返済した事です。

父の口癖は「知らん、分からん、やっても無駄」で新しい事にチャレンジする事を諦めており、健康に気をつかう事も無く不摂生がたたり健康を害し、60歳を超えて貯金も無く、仕事も減らされ、希望も無い日々を送っている姿は本当に見ていてつらかった。

そこで感じたのは「希望を失い、チャレンジする事を諦めた人生ほどもったいないものは無い」と言う事でした。

父親も勉強は苦手でお金の計算も出来ない性格でしたが、嫌々言いながらもずっと毎日同じ仕事を続けれる真面目さはあったわけでして、その個性を活かせる場所がこの地球上のどこかに絶対あるはずだったんです。

でも、人生のチャレンジを諦めてしまい、自分の個性を活かせる場所に出逢えず、希望を失って生きている。

本当に心の底からもったいないと思うし、悲しいと言う言葉では表現できない感情でもある。

勉強の為に副業で初めてブログが人生の転機に

自分は絶対にそんな人間にならないとお金の勉強をする為に副業でブログを初め、コツコツ書き続けて1年で月間10万PVまで成長させた頃、周りの知り合いからお金の相談をもらうようになってきた。

お金に苦労した自分だからこそ伝えれる事があるのでは?と感じて、家計見直し相談を初め、年間100件以上の見直しをこなしながらブログを続け気づけば月間41万PVまでブログは成長

会社に時間を使うよりも自分のやりたい事に時間を使いたいと思い、退職して2017年1月に独立。

人の可能性を信じ、応援できる存在になりたい

そうして、家計見直し相談を続けていくのですが、新たな悩みにぶち当たる。

家計の見直しで表面的なお金の数字を改善しても、その人の人生のへの向き合い方自体が変わらないとその人を幸せにできないと感じ始めたのです。

結局、使えるお金の額が増えたとしても、お金の使い方が自分の人生の成長に繋がらない限り、その人の幸福度は上がらない。

でも、そんなにすぐ人は変わらないし、何かにチャレンジする人も実際は少ない。

そんなモヤモヤを抱え、長く関われるコミュニティを欲しいと考えてて、シェアハウスを運営すれば長く関われるし、生活費も落とす事が出来るから最強や!との考えに至り、「里山ベース ハナビ」の運営を始めたのです。

ブログから始まり、家計見直し相談、そうしてシェアハウス・ゲストハウスと全然異なる事業をやってきてはいますが、僕の中では全て一貫していて、「自分の可能性を信じて人生に挑戦する人を増やしたい」と言う目的を形にする為に手段を変えているだけ。

人生を諦めている父の姿を見て、自分の可能性を諦めて生きる事が一番もったいないと感じて今まで頑張って来た次第です。

里山ベース ハナビはまだまだこれからですが、今後、様々な人の人生が交わりあい、人生が加速する場所として沢山仕掛けていきたいと思いますので、是非とも何か少しでも引っかかった方は共に創り上げる仲間になってください!